取引事例比較法【とりひきじれいひかくほう】



取引事例比較法とは、不動産鑑定評価の1つで、取引事例情報を元に対象不動産の試算価格を求める方法です。
この手法では、多数の取引事例を収集して適切な事例を選び、取引の特殊事情や時期の修正を行い、取引事例の個別的要因を標準補正し、さらに地域格差などを比較して価格を求めます。このようにして求められた試算価格を比準価格といいます。


◆SPONSOR LINK◆

  • 大阪 デザイン
  • 福岡 住宅
  • 注文住宅 山梨
  • SUB MENU

    おすすめサイト