床の間【とこのま】



和室の壁面に設けられた、半畳から1畳程度の掛軸や生け花を飾る場所をいいます。
床は板張りで、周囲の畳より一段高くなっているのが普通です。室町時代に生まれ、安土・桃山から江戸時代にかけて完成したといわれています。室町以前は、床の間の主要部分の「床」「書院」「違い棚」はそれぞれ別の部屋に設けられていました。それらを一体化したのが「床の間」の始まりといわれています。


◆SPONSOR LINK◆

  • 一戸建て 愛知
  • デザイン 住宅
  • 注文住宅 一宮
  • SUB MENU

    おすすめサイト